浴衣の時の汗対策!止める抑える方法

夏の風物詩、うちわと浴衣。
見た目は涼しげですが、浴衣を着るときに気になりやすい点として、着ている本人は意外と熱くて脇汗が大量に出てしまうこと、帯のところが汗でびっしょりしています。

なんと言っても普段から浴衣すらも着る機会がないので、うまく着られずに苦労して、着用が完了したときにはすでに汗だくの状態になっているケースもあるぐらいです。

浴衣を着る時期の中心が夏であるため、汗をかきやすくなるのは仕方がない一面もあります。

本当は涼しく成るために浴衣を着るのですが。

また、長袖を着てタイトなロングスカートをはいている状態であるため、体温が上がりやすく汗の発生が促されることになってしまいます。

浴衣生地の素材も汗に関係します。

そこでポイントになるのは、できるだけ通気性の良い生地でできている浴衣を選ぶことです。

天然素材の麻でできているものなら、風がほどよく通っていくので内部に熱がこもりにくくなります。

普通の着物と比べるとどの浴衣でも涼しそうに見えるという人も多いでしょう。

しかし実際には、あまり通気性が良くないものもたくさん出回っています。

生地の目の密度が高くて、ほとんど風が通過しないものも珍しくありません。

丈夫という意味では安心感がありますが、脇の発汗を警戒する人にとっては相性が悪いです。

ポリエステルなどの化学繊維も同様で、汗が外に逃げて行かず皮膚と生地を貼り合わせる役割をしてしまいます。

浴衣の汗対策で古典的だけど効く方法

その他の対策としては、少し緩めに着付けるという手段もあります。
初めての人はきっちり着ようとして締め付けすぎることが多いです。
途中ではだけることを心配して、必要以上に力を入れて着てしまいます。

そうなると体を強く圧迫することになるので、その分だけ負担がかかって脇も汗が出やすくなるのです。

また、タイトに締めすぎると内部で空気が循環しにくくなるというデメリットもあります。

これではいくら通気性の良い素材を選んでも、メリットが半減してしまうので注意しましょう。

見た目も暑苦しくなりがちなので、全体的にふんわりとした着付けを心がけてください。

浴衣が汗で蒸れないとっておきの方法とは

忘れがちなのが、首の後ろのスペースをあけることです。

背中に熱がこもるのを避けるため、前だけでなく背面の通気性も十分に考慮しましょう。

もちろん、基本的な方法として汗とり用のパットを使うことも有効です。

同時に制汗スプレーを併用するのも定番の方法となっています。
しかし、それらの方法では汗を抑えきれずに、次第に臭ってくる事態も十分に起こりえます。

そのため、より積極的な対策を行うことが重要になるのです。
たとえば、うちわや扇子を使って、こまめに内部に空気を送り込むように心がけましょう。

両方とも浴衣と非常に相性の良いアイテムであり、多用していても不自然ではありません。

ただし、露骨に裾などをめくって使うのは非常識です。
さりげなく脇の下を仰ぐなど、品のある使い方を意識しましょう。

着物専用のインナーで汗防止

また、汗全般の対策として着物専用のインナーを着用している人も少なくありません。

汗を止める効果はありませんが、吸収してくれるので垂れていくのを抑える効果は期待できます。

また、帯に着目した対策により脇の発汗を減らせる場合もあります。

なぜなら、帯は通気性が悪くするうえに胴を締め付けることになるからです。

その近辺は人間の臓器がたくさんある箇所なので熱が出やすくなっています。

したがって、この下にタオルを巻いて汗を吸い取りやすくすると、状況が改善するケースもあるのです。

タオルが汗をしっかりと吸収することで、上半身が蒸れた状態になりにくくなります。

もちろん脇まわりも蒸れにくくなるので、その影響で汗が出にくくなるというわけです。

汗止め帯は効果がある

また、ツボを押すことで発汗を少なくするという手段もあります。

着物を着て活動する芸者の間では有名ですが、脇から上の部分が汗をかきにくくなるツボが脇にあるのです。

汗止め帯という商品がマツキヨやドンキホーテでも売られていて人気商品となっています。

このようにいろいろな方法があるので、積極的に併用することで効果を高められるでしょう。