夏の天敵と言えば汗。それも脇汗はなんとかしたいですよね。 特に脇汗をかきやすい体質の場合、毎年この時期は大変です。 

この脇汗の対策にはいろいろな方法がありますが、 一番手っ取り早いのが「制汗剤」ですよね。 
脇汗そのものを出なくするという方法ですが、
制汗剤にはスプレータイプと塗るタイプがありますよね。
この制汗剤のタイプについて、それぞれ紹介します。

また、服に対してできる脇汗対策についても紹介します。

この記事を読めば、脇汗で悩んでいる人にとって役立つはずです。

脇汗に効果的なスプレーについて

脇汗対策で一番使われているのが「制汗剤」です。

この制汗剤ですが、スプレータイプを使う人が多いようですね。
お店などにいっても、いろんな種類のスプレータイプの制汗剤が販売されています。
スプレーを脇に吹き付けるだけでいいので、手軽なのもいい点ですね。
制汗スプレーは、汗の臭いに対応していて、臭いの菌を殺菌することで、汗の臭いを防いでくれます。

また、制汗スプレーに「汗吸着パウダー」が含まれている場合は、このパウダーが汗を吸収してくれます。
汗をかいても流れ落ちにくくなるので、サラサラ感が持続します。
最近では汗をかく前に使用する「プレケアタイプ」や、汗をかいた後に使用する「アフターケアタイプ」などの種類も増えてきています。

この制汗スプレーですが、基本的には汗をかく前に吹き付けておくものです。
汗の臭いもとは菌なのですが、汗をかいた状態でスプレーすると、菌は存在していますので、臭いが消えるどころか余計に悪臭になってしまうこともあります。
汗をかいた後に使う場合は、汗拭きシートなどでしっかりと汗を取り除いてからスプレーをしましょう。

このスプレータイプの制汗剤ですが、吹き付けるだけなので、なかなか肌の中に浸透しないという欠点があります。
また、制汗剤によっては、汗を出なくするというよりは、香りで脇汗の臭いをごまかしているだけのものもあったりします。

特に、脇汗の量が多い場合などは、スプレータイプでは対策にならない場合もあります。

そのため、運動後など一時的に汗の臭いをなんとかしたい場合などに使うといいでしょう。
根本的に脇汗をなんとかしたい場合や、脇汗の量が多い場合にはあまりむいていません。

脇汗に効果的な塗るタイプの制汗剤

制汗剤には、脇に直接塗るタイプのものもあります。
塗るタイプも、脇を拭いて使う「ペーパー」のものと、容器の先端にロールがついている「ロールオン」のものと、「クリーム」のものがあります。

ペーパータイプの制汗剤は、制汗というよりは、気になる汗を拭き取るような使い方をします。
ペーパーにサラサラになるパウダーがついているものもあり、使用後にベタつかないのが特徴です。
ただ、脇汗の量が多い場合などにはあまり効果がなく、運動後などにシャワーを浴びられない場合など、ちょっとした脇汗対策として使うといいでしょう。
ロールオンの制汗剤は、容器の先端にロールがついていて、そこから薬剤を脇に直接塗り込みます。
直接塗り込むため、スプレータイプよりは脇汗や臭いを抑える効果が高いとされています。

ただ、スプレーは吹き付けるだけでいいのに対し、ロールオンタイプは塗った後にしっかりと乾かす必要があるので、より手間がかかります。
また、肌が弱い人だったり、脇毛が生えていると塗りにくく効果が薄くなるというデメリットもあります。
塗る前に脇の処理はしておいたほうがいいでしょう。

ただ、スプレータイプよりは効果が高いので、脇汗の量が多い人には、こちらのほうがむいています。
ロールオンタイプよりもさらに効果的なのが、クリームなどを直接塗るタイプです。

クリームを直接肌に塗りますので、さらに効果的になります。

ただ、こちらも脇にクリームを塗る手間が必要ですし、脇がべたつくので、少し不快になるというデメリットもあります。

クリームタイプは、脇汗の量が多い場合でも対策できますし、一度つけておけばかなり長時間効果が持続するので、制汗剤をつけ直すことができない場合などにはおすすめです。

ロールオンタイプもクリームタイプも、服を着る前に塗っておいて乾かす必要があるので、出かける前に塗っておく必要があります。
事前にしっかりと準備できるの場合はいいのですが、外出時など急な場合に使うにはあまりむいていません。

服にできる脇汗対策について

ここまで、脇汗そのものに対策できる制汗剤について紹介しました。
ただ、それでも着ている服の素材や色によっては脇汗が目立ってしまう場合があります。

汗ジミが目立ちにくい服を着ればいいのですが、それだと似たような色ばっかりになってしまいます。
夏でもおしゃれはしたいですよね。
そこで、服にできる脇汗対策を紹介します。

服にできる脇汗対策は、服そのものに防水スプレーをかけるという方法です。
汗は水分ですので、当然防水スプレーでも効果があります。

脇汗が出ること自体は防げないのですが、服の汗ジミを目立たなくできます。
この服に防水スプレーを吹き付ける脇汗対策ですが、いくつかポイントがあります。

それは、汗が気になる部分だけを、内側からスプレーするということです。また、服の縫い目の部分は汗が目立ちやすい場所なので、縫い目の部分にスプレーするようにするといいでしょう。
また、スプレーした後にドライヤーやアイロンなどで熱を加えるとより効果的です。

ただ、服全体に防水スプレーをかけてしまうと、汗が蒸発できなくなってしまうので注意しましょう。

また、最近では汗ジミ防止用の防水スプレーというものも販売されています。
臭い防止効果があるものもありますので、脇汗対策も同時にできて便利です。

まとめ

ここまで脇汗対策のための制汗剤について紹介しました。

まずスプレータイプの制汗剤ですが、臭いを予防するものと、汗そのものを吸着してくれるものがあります。
スプレータイプは吹き付けるだけなので簡単ですが、脇汗の量が多い場合には効果がありません。

また、臭い対策のみのものの場合、脇汗そのものには効果がありません。
塗るタイプの制汗剤ですが、ペーパータイプ、ロールオンタイプ、クリームタイプがあります。

ペーパータイプの制汗剤は、制汗剤というよりは、汗を拭き取るような目的で使用します。
運動後など、急な対策が必要になった場合に使うといいでしょう。
ロールオンタイプの制汗剤は、脇に直接塗るため、スプレータイプよりも効果がありますが、塗った後に乾かす必要があったり、肌が弱い人は使えない場合もあります。

クリームタイプは、ロールオンタイプよりもさらに効果的な制汗剤ですが、こちらも脇に塗る必要がありますし、クリームなので脇がべたついてしまい不快な場合があります。

ロールオンもクリームも、服を着る前に塗る必要があるので、前もって準備しておく必要があります。
脇汗を目立たなくするための服への対策ですが、防水スプレーを吹き付けると効果的です。
ポイントとしては、汗が気になる部分だけ内側から、縫い目の部分を中心にスプレーを吹き付けるといいでしょう。
また、スプレーした後に熱を加えると効果的です。
脇汗の対策は、脇汗の量や場面に合わせて使う制汗剤を選ぶといいでしょう。

脇汗がひどい場合は、クリームタイプの制汗剤を使って、服に防水スプレーをすると対策ができます。