脇汗パッドの種類別おすすめ3選
夏になると脇汗が気になる季節ですよね。
 特に服装も薄着になるので、他の時期よりも目立ちやすくなっていることもあって、余計に気を使ってしまいます。
そんな脇汗対策の方法はたくさんありますが、効果的な方法の1つが
 「脇汗パッド」
 です。
特に体質で脇汗が多い人などには効果的ですよね。
 
この脇汗パッドですが、お店に行くとわかるように、種類がたくさんあります。
どれが一番いいのかを考えると結構迷ってしまいますよね。
 
そこで、脇汗パッドの種類と選び方、そしておすすめの脇汗パッドを種類別に紹介します。
この記事を読めば、脇汗で悩んでいて脇汗パッドを購入しようとしている人には役立つはずです。

用途によって最適な脇汗パッドがありますので、しっかり脇汗対策をしちゃいましょう。

脇汗パッドの種類とメリットデメリット

ではまず、脇汗パッドにはどんな種類があるのかを大まかに説明します。
 
それぞれ特徴とメリットデメリットがあるので、服装や汗の量などの用途に合わせて選ぶといいでしょう。

服に貼るタイプ

服に貼るタイプは、文字通りシャツなどの脇の部分の内側に直接貼り付けるタイプの脇汗パッドです。
 基本的に使い捨てになります。
特徴としては、服に貼るため皮膚が荒れにくく、脇が蒸れにくくなっています。
 皮膚が弱い体質の人には、このタイプがおすすめです。
 
ただ、デメリットもあって、服に貼るため、汗をかく部分にうまく当たるように貼る位置を調整する必要があります。
 また、動くとパッドがこすれたりしますし、ずれてしまうとうまく汗を吸収してくれなくなることもあります。

脇に貼るタイプ

こちらは脇に直接貼って汗を吸収するタイプの脇汗パッドです。
 こちらも基本的に使い捨てです。
汗が出る脇に直接貼るため、汗を吸収する効率がかなりいいのが特徴です。
 また、薄手の服でも付けていても目立ちにくいですし、脇がこすれにくいというメリットもあります。
 
服に貼ると服が傷むこともありますが、脇に貼るタイプの場合、そういった心配もありません。
ただ、デメリットとしては、脇に直接貼るため、皮膚が弱い人は痒みや赤みなど皮膚炎を起こしてしまうこともあります。
 
また、汗をかく量が多すぎると粘着力が弱ってしまいはがれてしまうこともあります。
 
そして、当然ですが、脇に直接貼るので脇毛をちゃんと処理しておく必要があります。

洗って再利用できるタイプ

ここまで紹介したものは、すべて使い捨てでしたが、洗って再利用できるタイプのものもあります。
 
このタイプの汗脇パッドは、貼り付けるのではなく、ひもで肩やブラジャーなどに固定して使います。
 
再利用できるタイプの汗脇パッドのメリットは、汗の吸収力がいいことと、再利用できるので経済的という点ですね。
 
ただ、デメリットは、毎回洗う必要があるため面倒ということ、パッドが分厚いものが多いので、薄手のシャツの下にはつけにくいというものがあります。

脇汗パッドの選び方のポイント

では、こういった脇汗パッドのどれを選べばいいのかというポイントを紹介します。
 体質や用途によって違いますので、目的にあったものを選びましょう。

汗の吸収力

脇汗パッドの一番の目的は汗を吸収させることですので、汗の吸収力は重要なポイントとなります。

汗の量が多いのなら、吸収力が高いものを選ぶようにしましょう。
 再利用できるタイプには、吸収力が高いものが多くなっていますので、そちらがおすすめです。
 
ただし、汗の吸収力が高いものは、分厚く大きいので、目立ちやすいというデメリットがあります。

目立たないもの

汗をかく時期は、服が薄手のものを着ていますよね。
 また、色が薄い服を着ることも多い季節です。
 そうすると、脇汗パッドを着けていると、どうしても目立ってしまいます。
 
ただ、脇汗パッドには目立たないようなものもありますし、色などで工夫することもできます。
薄いシャツの下に汗脇パッドをつける場合、 服の色と同系統の色のパッドをつけるのがおすすめです。
 
たいていの汗脇パッドは白やベージュ系の色ですので、白い服を着るのなら白色系、色が濃い服を着る場合は、白だと目立つので濃い色のものを選ぶといいでしょう。
 
また、ノースリーブ用に、透明なフィルムタイプの汗脇パッドもあります。
 着る服によって使い分けるといいでしょう。

消臭効果

脇汗で気になるのは服が濡れること以外に臭いも気になります。
 特に薄着になると周囲に臭っているのでは?と不安になりますよね。
 
そんな場合は、消臭効果がある脇汗パッドを選ぶといいでしょう。
 
銀イオンが配合されたものや、消臭効果がある繊維が使われているものもあります。

脇汗パッドの種類別おすすめ3選

では、実際に脇汗パッドを種類別におすすめを紹介します。

服に貼るタイプのおすすめ

服に貼る使い捨てタイプは、一番手軽に使え、1枚当たりの値段が安いのが特徴です。

Riff あせワキパット

小林製薬から発売されている「Riff あせワキパット」です。
 価格が安くコスパのいい脇汗パッドとなっています。
 
この脇汗パッドは、吸引シート・吸水シート・ストッパーシートの3層構造になっていて、汗を素早く吸収して漏らさなくしています。
 
なにより汗をしっかり吸ってくれるので人気があります。

Cadi わき汗パット

この脇汗パッドは、大きめのサイズとなっていて、汗が多い人でも安心の吸収力があります。

 値段は少し高いのですが、脇汗が多い人にはこのサイズがおすすめです。
 汗を吸った後のべたつきも少ないので、快適に使える脇汗パットとして人気です。

アイリスオーヤマ 汗とりパッド

この脇汗パッドは、なんといってもコスパがいいのが特徴です。
 1枚当たり10円なので、とりあえず試してみるのにもいいでしょう。
 
また、銀イオンも配合されているので消臭効果もあります。
脇汗パッドは初めて、という人がまず試してみるといいのが、この脇汗パッドになります。
 
この脇汗パッドは、粘着力が強いのでずれにくいのですが、取るのも大変で、服にダメージがつく場合もあるのがデメリットです。
 
また、汗の吸収力はそれほど強くないため、大量に汗をかく人には向いていません。

脇に貼るタイプのおすすめ

次は、脇に貼るタイプおすすめです。
 脇に貼るタイプは、脇にフィットして汗を吸収するので、汗が多い人におすすめです。

コジット サラフィッティ

脇にはるタイプですが、パッド自体が薄いので貼り心地がいいため、貼っていても違和感が少なくなっています。
 ただ、大量の汗は吸ってくれないので、汗が多い人には向いていません。
 
このパッドは脇だけでなく、足の裏の汗にも対応しています。

シェモア サラーリ ヌーディワキフィルム

汗脇パッドの中では珍しい、脇を出す場合にも対応した脇汗フィルムです。
 1㎜の1/100という非常に薄い透明フィルムになっているので、肌とほとんど区別がつきません。
 そのため、ノースリーブやドレスの場合でも使うことができます。
ただ、このパッドは汗が外に出るのを防ぐものなので、汗は吸収してくれません。
 汗ジミやにおいを防ぐために使う商品です。
 
出てきた汗はフィルムと皮膚の間にたまってしまうので、汗を大量にかく人には向いていません。
 
脇が見えてもいいようなシチュエーションで使う場合におすすめです。

ピュラックス ピュアパッド

この脇汗パッドは、動いても脇からずれにくく、汗をしっかり吸収してくれます。
 粘着力が強いため、一日動き回ってもしっかり脇にフィットしてくれます。
 
ただし、粘着力が強いので、はがれにくく、肌が弱い人は注意が必要です。

再利用できるタイプのおすすめ

再利用できるタイプは、毎回洗う必要があるので手間がかかりますが、コスパがいいので経済的です。
 このタイプはパッドが厚いものが多いですので、注意してください。
 (こちらはおすすめを2つ紹介します)

ドリーム PROIDEA

この脇汗パッドは、ブラジャーに固定するタイプのパッドです。
 ブラジャーの前後のストラップに紐で取り付けて、ブラのサイドに挟み込むことで、運動してもずれずに使うことができます。
 
パッドは5層構造になっていて、汗をしっかり吸収し、臭いと汗を漏らさない構造になっています。

TAMAX 外して洗える脇汗パット

この脇汗パッドは、ボタンで洋服に付けるため、ずれにくく取り外しも簡単です。
 服の内側にボタンを取り付ける必要がありますが、服を傷めることもずれる心配もありません。
 また、取り外しも簡単なので、一度取り付ければとても便利です。

まとめ

ここまで、脇汗パッドの種類と用途別の選び方のポイント、そしておすすめの脇汗パッドを種類別に紹介しました。
 
脇汗パッドの種類は、「服に貼るタイプ」「脇に貼るタイプ」「再利用できるタイプ」があります。
服に貼るタイプは、簡単に使えますが服に貼るため服を傷めたりずれる心配があります。
 脇に貼るタイプは、汗が出る脇から直接汗を吸収しますが、肌が弱い人には向いていません。
 再利用できるタイプは、厚みがあるので汗が多い人におすすめですが、厚みがあるため目立ちやすくなっています。
 
脇汗パッドの選び方としては、まずは汗の吸収力で選ぶといいでしょう。
 汗の量が多い場合は吸収力の高いものにしないと効果がありません。
また、汗をかく夏は薄着になりますので、着る服によって目立たないものを選ぶようにしましょう。
 
他にも汗は臭いますので、消臭効果があるものもありますので、合わせて選ぶといいでしょう。
 
脇汗パッドは種類や商品がたくさんありますが、体質や用途にあわせて選ぶと脇汗で悩む心配もなくなりますよ。