脇汗グッズで服がびっしょり!びしょびしょになるのを防ぐ方法

脇汗に悩んでいる人は、服がびっしょりになってしまうので、
何か対策はないだろうかと気にしている人も多いものです。

好きな服を着たいけれども汗のことを考えるとなかなか着たい服も着られないと
悩んでいるかもしれませんが、
できる限りの対策を施しておきたいところです。

あせもをベビーパウダーで防ぐ

まず最初に汗の量がそこまで多くはないという人にお薦めなのが、
ベビーパウダーを脇につける方法です。

ベビーパウダーは、赤ちゃんのおむつなどで肌がかぶれてしまうのを
防ぐためにつける白いパウダーですが、
これは大人でも使うことができます。

特に汗っかきの人はあせもが出来てしまったりと、
汗に関するトラブルが多いため、ベビーパウダーを肌につけておくことで、
さらさらとして蒸れない特徴があります。

しかしあまりにも汗の量が多ければ、
やはりパウダーは完全に負けてしまうことでしょう。

制汗剤と併用して使うことで、
さらさらになることもあるため、軽く汗をかきそうだという場合にはお薦めのアイテムです。

汗染みしない上着

そして対策として、汗染みないトップスを着るということが挙げられます。

これはかなりの汗をかく人にもお薦めの方法で、
汗をかいたとしても表に汗がにじみにくいしトップスがあるので、
このようなものを選んで購入することもよいでしょう。

モノによっては吸水速乾性のあるものも多いため、
特に汗っかきの人はベビーパウダーや制汗剤などとあわせてつかうと、
効果が期待できるかもしれません。

またレディースの場合には、袖口が広がるシャツを選んで、
そもそもわきに生地が密着しないようなものを着るのも一つの手段といえます。

脇にゆとりのある洋服を選ぶことによって、
汗による気持ち悪さもかなり軽減されることでしょう。

脇汗を吸収する対策

そして汗脇パッドを使うこともかなり有効な方法です。

洋服の内側の脇の部分に減ったりと貼る物で、汗はすべて吸収されるので、
外側に汗染みができることもありません。

しかし貼る場所がずれてしまうとずれた部分には汗がはみ出て表に出る可能性があるため、
パッドを貼るコツをしっかりとつかむまでは十分な注意が必要です。

またパッドは服の色に合わせてベージュや白、ブラックやピンクなど様々な色が取りそろえられています。

一箱に20から40枚ほど入っていて、約500円前後の価格帯なので、毎日使うとなるとやや費用がかかるかもしれません。

しかしかなりの汗っかきで心配だという人には有効な手段といえるでしょう。

上着が汗でぬれるのを防ぐ対策

そして四つ目の対策としては、
防水スプレーを脇の部分に振っておくことがあげられます。

これはかなりの裏技ともいえますが、
衣類用の防水スプレーを用意して、
トップスの脇の部分にしゅっとふりかけておくことで、
汗をはじいてくれます。

しかしあまりにも汗の量が多ければ、
防水スプレーが負けてしまう可能性も高いので、
防水スプレーもほかの方法と併用して使うことが効果的と言えます。

これまでに紹介したベビーパウダーをつけ、
脇汗パッドもつけ、さらには汗がしみにくいトップスをきて防水スプレーをかければ、
どんなに汗をかく人であっても、最低80パーセントほどは防ぐことができるでしょう。

ここまで紹介したのは
・脇汗を吸収する対策
・上着で汗をはじく対策
でした。

最後に紹介するのは脇汗を止めてしまう対策です。

汗を止める対策

おすすめはデンマーク製の制汗剤
そして強い効果が期待できる制汗剤をぬって汗を止める方法が一番の方法だといえます。

市販の制汗剤とは異なり、デンマーク発祥のおすすめの制汗剤があります。

これは夜寝る前に塗り、翌朝起きるとその日から三日間ほど脇汗の悩みが軽減されるものです。

汗っかきの人でも1日中さらさらで過ごすことができかなり人気の商品です。

海外商品で国内の店舗では販売されていないため、
公式サイトでの購入になるため注意しましょう。

ロールオンタイプの制汗剤で汗線にフタをして発汗を止めてしまいます。

強力な制汗剤なので肌荒れを心配するユーザーのために

「通常用」と「敏感肌用」を同時にお試しできる制度になっています。

このようにさまざまな方法があり、これらをすべて併用することで、
90パーセント以上の対策につながることでしょう。

個人差はありますが、試して損はない方法ばかりなのでぜひとも挑戦してみましょう。