脇汗に制汗剤は本当に効くの?基本的な5つの作用をピックUP!

手軽な脇汗対策としてよく用いられているのが制汗剤です。

汗止め効果を持つ成分が含まれており、汗及びニオイの発生を防止できるとされています。

ドラッグストアやスーパー、コンビニなどで簡単に手に入れることができ、日常的に使用しているという人も多いようです。

制汗剤にはいくつかの種類があり、好みや目的に応じて選択することが可能です。

制汗剤やデオドラント剤の基本的な5つの作用とは?

1.できるだけ汗を抑えること。
2.脇の菌の繁殖を抑えること。
3.発生したニオイを、消臭や脱臭すること。
4.脇に付けた時にマスキングすること。
5.脇にかいた汗を吸収して拭き取ること。

お店に売られている制汗剤やデオドラント剤はこれら5つの作用を組み合わせて製品化さています。

制汗剤やデオドラント剤を購入する時には自分の脇のニオイが汗からくるのか?ワキガ臭なのかも見極めておく必要があります。

制汗剤を塗り方別で5つに分類

制汗剤 スプレー

ひとつはスプレータイプで、広範囲に噴射ができる手軽さが人気です。
香りや清涼感を楽しめるタイプも多く、汗対策以外にも、運動後のリフレッシュやニオイケアとして用いられることがあります。

ただ、汗止め作用に関してはそれほど高くないと言えます。

長時間、効果が持つわけではないため、どちらかと言えば簡易的な対策と考えておくのが良いでしょう。

汗対策というよりもニオイケアとしての役割が強めと言えます。
急な発汗にはふりとりシートタイプがよさそうです。

制汗剤 ロールオンタイプ

続いて挙げられるのがロールオンタイプで、直接塗って使用するのが大きな特徴です。

薬剤が肌にしっかりと密着するために、汗防止の効果を得やすく、持続性の面でも期待できます。

使い方の性質上、広い面への対策をしたい場合は適していませんが、脇といった限定的な部分への使用にはうってつけでしょう。

制汗剤 スティックタイプ

ロールオンと似たようなタイプに、スティック形状の物もあります。

液体を塗布するロールオンタイプと違い、固体を塗り付けていくのが特徴で、汗止め作用の高い物が多いです。

また、厚塗りをすることができるために持続性の面でも期待ができます。

制汗剤 クリームタイプ

クリームタイプもあるのですが、これは制汗成分を含んだクリームを指で塗り広げて使用するというものです。

手軽さがあるとは言えないものの、クリームゆえに密着性がよく、持続性の面でも優れていると言えます。

そして特徴的なのが保湿効果も得られることです。

乾燥気味ですと、皮膚環境の悪化でかゆみやニオイが出やすくなることがありますが、保湿をすることでそうしたトラブルも防止しやすくなります。

したがって乾燥傾向にある人におすすめのタイプで、冬場には特に活躍するのではないでしょうか。

制汗剤 液体タイプ

他にも液体タイプもあります。

化粧水のように使えるのが特徴で、入浴後や運動後のクールダウンもかねて使用できるアイテムです。

あまり制汗作用としては高いものではありませんが、心地良さからか好んで使用をする人もいるようです。

ワキガ臭の女性におすすめする制汗剤のタイプは

制汗剤にはこんな風に色々なタイプがあり作用の仕方も違っているのですが、汗止めを目的にするのなら、ワキガ臭の方には抗菌作用が強いロールオンタイプやスティックタイプ、クリームタイプなどが効果が期待できるのでおすすめと言えるでしょう。

肌にしっかりと塗り込めるのが特徴で、簡単に成分が落ちてしまう心配がありません。

なお、いずれの制汗剤にも共通するのですが、適切に使用をしないと上手く作用しませんので注意しましょう。

例えば汗をかいた状態で使用をしてもあまり意味がありません。

汗によって成分が落ちてしまいますので、汗をかく前に使用をするか、あるいはタオルなどでしっかりと拭き取ってから付けるようにした方が良いと言えます。

汗っかきの女性におすすめする制汗剤のタイプは

上手く活用をすれば役立ってくれる制汗剤ですが、ただ万能なアイテムなわけでもありません。

汗を防止してくれることには期待もできるものの、重度の脇汗ですとあまり効果的な汗対策にはならないこともあります。

体質は人によって違っており、あまり汗が出ない人もいれば、人一倍汗が出てしまうという人もいます。

前者のタイプなら制汗をすることで脇汗を防ぐことができますが、後者の場合は殆ど効果を得られないこともあるのです。

脇汗に制汗剤を効果的に使うまとめ

制汗剤はご自分の用途に合わせて選んでいただけたら良いのですが

もしワキガ臭で悩んでおられる方がいらっしゃっいまたら無臭、無香性のものを選ぶ事が大切になります。

実はワキガの臭いとデオドラントuso剤の臭いが混ざってしまうと、ご自分ではきがつかないうちに周りの人に迷惑をかけている可能性があります。