衣類についてしまう汗染みやベタベタする不快感など
脇汗には様々な悩みや問題がつきまといますが、
臭いもその一つです。

夏より冬のほうが脇汗の臭いがきつい?
夏よりも冬の方が臭いがきつく感じるという方も多いのではないでしょうか。

その感覚は間違っておらず、
実際に冬にかく脇汗の方が臭いが強いという特徴があります。

季節によって汗の種類がちがう

季節によって臭いの強さが変わる原因として、
汗の種類の違いがあります。夏にかく汗は、温熱性発汗がほとんどです。

温熱性発汗とは、体温を調節するために生じるものです。

気温が上昇したり運動をしたり入浴をしたりなど体温が上がったときに生じる発汗で、
水のようにサラッとしていて透明で臭いもほとんど無い汗が分泌されます。

健康な体の人であれば誰でも起こり得る生理現象です。

夏は気温や湿度が高いので、温熱性発汗が起こりやすい状態にあります。

冬にかく汗の特徴と臭う理由

冬にかく汗は、精神性発汗がほとんどです。

精神性発汗とは、不安感や緊張感や怒りや興奮やストレスなどの精神的な作用により生じるものです。

全身から汗が分泌される温熱性発汗に対して、
精神性発汗は脇や頭や顔や手や足など局所的に汗が分泌されるという特徴があります。

精神性発汗の場合はアポクリン腺という汗腺から汗が分泌され、
ベタベタしていて臭いも強く白い衣類の場合は汗染みで黄ばみが生じてしまうこともあり、
とても厄介な存在です。

夏は温熱性発汗が優位になるため脇汗の臭いが弱く、
冬は精神性発汗が優位になるため脇汗の臭いが強いということが理解できたのではないでしょうか。

原因を知ることが出来たら、エチケットのために積極的な臭い対策をすることが大切です。

冬の脇汗の臭い対策

冬の脇汗の臭いを抑えるための対策方法としては、
自律神経の乱れを整えて精神を常に安定した状態に導くことと、
制汗剤やボディソープや消臭スプレーやサプリなどで物理的なケアを行うことが有効的です。

精神をリラックスさせるためには、
副交感神経を優位にさせることがポイントとなります。

冬の発汗を抑える心がけ6か条

日常生活において心がけるべきこととして、
睡眠時間をしっかりと確保するために就寝準備を早めに行い安眠に誘う、

気持ちがリラックスする癒しや気分転換になる趣味を見つける、

バランスのとれた質の良い食事をとって栄養が不足しないようにする、

ストレッチや水分補給などをこまめに行い新陳代謝を活発にさせる、

入浴や運動などで体温を上げて温熱性発汗が優位になる状態を意識的につくる、

ストレス解消や疲労回復に努めてしっかりと休息を設けて無理をしない

などがあります。

まずは、自分の日頃の生活スタイルや習慣を見直してみましょう。

脇汗の臭い体の外側からケア

物理的なケアにおける必須アイテムと言えば、制汗剤です。

汗をかかなければ臭いも生じませんので、
汗の分泌を抑制する効果が期待出来る塩化アルミニウム配合の制汗剤を使うのがおすすめです。

塩化アルミニウム配合の制汗剤は、汗をかく前の清潔な状態の脇に馴染ませることがポイントとなります。

殺菌作用がある薬用タイプのローションをコットンに含ませて、
脇の汗や皮脂や汚れを拭き取ってから馴染ませると効果がアップします。

脇汗の量が格段に減るので、汗をかいている状態に焦りを感じて
さらに発汗がひどくなるというスパイラルからも解放され、
精神面にも好影響をもたらしてくれます。

欧米人は日本人より体臭がきつく脇汗の臭いで悩む人も多いのですが

こちらのデンマーク製の制汗剤「デトランスα」は汗線にフタをして汗の分泌を抑制します。

強力なため肌荒れを心配するユーザのため「敏感肌用」よ「普通肌用」の2種類が用意されています。

キャンペーンを利用することで2種類を同時に取り寄せてどちらが肌に合うか確認することができます。

「デトランスα」は日本の薬局などでは販売されておらずヨーロッパからの輸入になります。

そのため申し込みから手元に届くまで1週間から2週間程度、日数がかかるのが残念なところです。

殺菌作用や消臭作用があるボディソープやスプレーを使うのも効果的です。

脇汗の臭い体の内側からケア

体の中からしっかりと臭いケアをしたい場合は、
シャンピニオンエキスやローズエキスやクロロフィルなどの
有効成分が配合されているサプリを飲むのがおすすめです。

サプリを飲むと、頭皮の臭いや口臭や加齢臭や足の臭いなどあらゆる体臭をケアすることが出来ます。

冬こそ臭いケアが必要になりますので、積極的に行って無臭の体を目指しましょう。

冬の発汗と脇汗の臭いケアのまとめ

夏は気温が上がることで体温を下げるための「温熱性発汗」
冬は精神的なストレスによる「精神性発汗」
同じ脇汗の発汗でも「精神性発汗」 は臭いが強い。

冬の脇汗の臭いを抑えるためには
自律神経の乱れを整えて精神を常に安定した状態に保つ
制汗剤やボディソープや消臭スプレーやサプリなどで物理的なケアを行いましょう。