夏になるとどうしても汗をかいてしまいますよね。
特に脇汗が多く、毎年地味に困っています。

脇汗は服に着いてしまうと、汗ジミになってしまいますが、
この汗ジミはひどくなるとなかなか落ちないんですよね。

せっかくの服も脇の部分だけなんとなく黄ばんでいる・・・となると、
もう外で着れなくなってしまいます。

そこで、服に着いてしまった汗ジミを効果的に落とすための方法と洗剤を紹介します。
また、色物などのシャツの場合や汗ジミを予防する方法についても紹介します。

これを読めば、汗ジミが落ちない服をどうするか困っている人には役立つはずです。

汗ジミの黄ばみを効果的に落とす洗剤は?

洗濯をしたはずなのに、汗ジミが落ちてない・・・ということってありますよね。
汗ジミを効果的に落とすためには、汗ジミの汚れが何なのかを知っておく必要があります。

汚れにはいろいろな種類がありますが、汗ジミの黄ばみは「皮脂汚れ」になります。
皮脂汚れは、服の繊維の奥に残ってしまい、洗濯してもなかなか落ちません。

それが何度も着ているうちに少しずつ蓄積され、黄色っぽく変化してしまいます。
襟や袖、背中、脇の下など、肌が直接触れる部分は特に汚れやすい場所です。

そんな汗ジミの黄ばみですが、どんな洗剤で洗濯すると落ちやすいのかについて紹介します。

落ちない汗ジミの黄ばみを落とすには、いくつか方法があります。
まず用意するものは、「漂白剤」です。
(ワイドハイターなど)

それならもう試したけど・・・という人もいるかもしれませんが、洗い方によって汚れの落ち方が変わってきます。

汗ジミの汚れを落とすのに、まず試したいのが
「漂白剤をシミに直接塗り込んでから洗濯する方法」
です。
汚れた部分に直接漂白剤をかけることで、シミにはたらきかけ、皮脂汚れを落としてくれます。

汚れがひどい場合は、5分ほど放置してから洗濯機に入れるとさらに効果的です。
とはいえ、漂白剤なので色落ちが心配なので、まずは目立たない部分で試してみるといいでしょう。

ただし、服の種類によっては、漂白剤が使えないものがあります。
漂白剤を使う前に、服のタグを見て確認しておきましょう。

服のタグについている、三角フラスコのようなマークの中に、
「エンソサラシ」と書いてあるマークを確認して、そこに×がついている場合は塩素系漂白剤を使用することができません。

特に色物の場合は、塩素系漂白剤が使えないことが多くなっています。

そんな場合は、酸素系漂白剤を使ってみましょう。
酸素系漂白剤の場合は、色物でも色落ちせずに使えると思います。

汗ジミの黄ばみが落ちない場合は?

汚れがひどく、この方法でも落ちない!という場合は、
 「つけおき」
をしましょう。

まずは、汗ジミに洗濯洗剤を直接塗ります。

次に、洗面器に熱めのお湯を入れ、漂白剤を10mlほど溶かします。
ここにシミがある部分をよく浸し、10?20分ぐらいつけおきします。

その後、洗濯機に入れて普段通りの洗濯をします。
ポイントは、「熱めのお湯に浸す」ことです。
洗剤の洗浄力と漂白力が高まり、汚れも落ちやすくなっています。

ごしごしと手洗いする必要なく汚れを落とせます。

もし、これでも汚れが落ちない場合は最終手段。
「煮て」汚れを落とします。
ここまでやっても落ちない汚れは、皮脂汚れが変質しているかもしれません。
こんな場合は、煮て落としましょう。

方法ですが、沸騰した鍋に漂白剤を入れて、そこに10分ほど浸すだけです。
ただし、プリント柄などの熱に弱い素材の場合はやめておきましょう。

この方法は、白い衣類についた汚れに効果があります。
煮ている最中は、様子を見ながら、汚れが落ちているようならすぐに引き上げましょう。

汗ジミがついたシャツ汚れを落とす洗剤

汗ジミ汚れが一番目立ちやすいのがシャツです。
 夏場は特にTシャツなどを着る機会が多いのですが、白いシャツなどは特に目立ちやすいですよね。

シャツの汗ジミ汚れを落とす方法ですが、基本的には上で紹介した方法で問題ありません。

ただ、シャツの種類によっては、漂白剤が使えない場合もあると思います。
そんな場合に使える方法もあります。
使うものは掃除などでおなじみの「重曹」です。
重曹には、皮脂などの油分を分解する働きがあり、これを利用します。
この働きが、黄ばみをふやかして洗い流してくれます。

方法ですが、まず、小皿に重曹を入れ、少しずつ水を加えてペースト状にします。
このペースト状の重曹を黄ばみの部分に塗り込み、1?2時間ほど放置してから洗濯機に入れて洗濯すればOKです。

重曹をペーストにするときに使う水に、食器用の洗剤を数滴混ぜておくと、さらに効果的に汚れが落ちます。

色物のシャツや漂白剤が使えない服にはおすすめです。

汗ジミの黄ばみを予防する方法は?

ここまで汗ジミを落とす方法を紹介しましたが、できれば汗ジミになる前になんとかしたいところですよね。

こんな汗ジミの汚れですが、ちょっとした工夫で予防することができます。

そんな汗ジミ予防の方法をいくつか紹介します。
洗濯物はすぐ洗う
汗ジミなどの皮脂汚れは、乾いてから時間がたつほどこびりついてきます。
そのため、まだ汚れがこびりつく前に洗濯してしまいましょう。
汗ジミの部分だけ先に少し手洗いするだけでもずいぶん違いますよ。
洗濯のときに毎回漂白剤を使う
普段洗濯をするときに、漂白剤を使うようにすると、黄ばみが予防できます。
漂白剤は服によっては使えるか不安ですが、酸素系漂白剤であれば、色柄物でも服を傷めずに洗えます。

洗濯のときに毎回使うようにすると、皮脂汚れの蓄積を防げます。
服を着る前にベビーパウダーを塗る
汗ジミは、服に汗が染み込むと起こります。
ということは、服に汗を染み込ませなければ汚れにならないということですね。
 
そこで、汗ジミができやすい部分に、服を着る前にベビーパウダーを塗り込んでおきます。
こうしておくと、ベビーパウダーがクッションになり、服を汚れから守ってくれます。
お湯を使って洗濯する
汗ジミの汚れは皮脂汚れなのですが、皮脂はだいたい40度ぐらいになると、液体となって溶け出します。
水で洗濯するとなかなか落ちない汗ジミ汚れですが、お湯を使うとより落ちやすくなります。

ただ、普段の洗濯をお湯でするのはなかなか難しいと思いますが、お風呂の残り湯を使うと40度弱のお湯を使用した洗濯ができますので、黄ばみを防ぐことができます。

まとめ

ここまで汗ジミの黄ばみの汚れを落とす方法・洗剤などについて紹介しました。

汗ジミの汚れを落とすには、まず漂白剤を使って洗濯するといいでしょう。
汚れがひどい場合は、漂白剤を汚れの部分につけてしばらく放置してから洗濯します。

さらに汚れがひどい場合は、つけおきをします。

熱めのお湯に漂白剤を溶かし、そこに10~20分つけおきしてから洗濯します。

それでも落ちない場合は、鍋で煮るといいでしょう。
シャツなどの汚れの場合、漂白剤が使えない場合があります。
そんな場合は重曹がおすすめです。

重曹と水を混ぜてペースト状にしたものを汚れの気になる部分に塗って、1~2時間ほど放置してから洗濯するといいでしょう。
最後に汗ジミの黄ばみを予防する方法ですが、
 ・すぐに洗濯する
 ・毎回漂白剤を使う
 ・着る前にベビーパウダーを塗っておく
 ・お湯を使って洗濯する
といったものがあります。

服の種類や汚れの度合いによって、方法を変えてみるといいでしょう。