夏になるといつも悩むのが脇汗です。

どうも人よりも脇汗が多いみたいで、汗ジミにならないか毎日不安になっています。

服によっては目立つものもあるので、この時期はあんまりオシャレもできないし、

気づいたら脇の汗ジミが丸見えになっていて、恥ずかしい思いをしたことも・・・。

そんな脇汗対策ですが、脇汗そのものを止める方法があります。

市販のものを使うものもありますが、道具などなしでできるものもありますので、

こんな脇汗を止める方法を種類別に紹介します。

毎年、脇汗で悩んでいる人にとっては、かなり参考になるはずです。

脇汗を止める方法 市販のものを使う

まずは市販されているものを使った脇汗を止める方法です。

ベビーパウダーを使う

ベビーパウダーは赤ちゃんに使うものですが、大人の汗対策でも使えます 。

ベビーパウダーをつけると、汗をパウダーが吸収してくれるのでサラサラになります。

これで脇汗を防ぐ効果が期待できるんですね。

また、パウダーは赤ちゃん用なので、肌に優しい成分を使っています。

肌荒れなどの心配なく使えるので安心できます。

ただ、ベビーパウダー自体には汗を止める効果はありません。

あくまで出てきた汗を吸い取るだけです。

また、汗の量が多ければベビーパウダーでは止めきれません。

ベビーパウダーを使う場合は、脇汗が多くない場合がいいでしょう。

また、ベビーパウダーが汗と混ざった状態で放置しておくと、菌が繁殖する原因になるので、汗をかいた場合はこまめに拭き取るようにしましょう。

汗止め帯を使う

「汗止め帯」を胸の上部に巻いておくと、汗を止めることができます。

これは、人体にある汗を一定に保つ機能を利用しています。

人は、どこかで汗をかけば、他の場所では汗をかかないという性質があります。

汗止め帯を胸の上に巻いておくと、「顔」「頭」「ワキ」などの体の上半身の汗を止めることができます。

(ただし、代わりに下半身に汗をかきます)

実は、これは舞妓さんが汗を止めるために使っている方法なんです。

それで舞妓さん以外でも流行るようになりました。

もし汗止め帯がないのであれば、下着を少しきつめに着けても、同じ効果があります。

ただし、どちらの方法でも、きつく締めすぎると気分が悪くなることがあるので、ほどほどにしておきましょう。

デオドラントクリームを使う

ここまで紹介した方法は間接的な方法ですが、脇汗そのものに効果があるのがデオドラントクリームを使う方法です。

デオドラントクリームは、脇汗を止める、殺菌、体臭を抑えるために開発されたクリームです。

朝にデオドラントクリームを脇に塗っておくだけで、汗に悩まされることなく、1日中サラサラの状態をキープできます。

もし脇汗の量が多い場合や脇の臭いが気になるのなら、デオドラントクリームを使うといいでしょう。

脇汗を止める方法 ツボを押す

体にはいろんなツボがありますが、汗に効果があるとされているツボがいくつかあります。

ツボ押しに効果があるかは、半信半疑な部分もありますが、お金が一切かからないので、まずは試してみるのをおすすめします。

脇汗を止めるのに効果的なツボは

・屋翳(おくえい)

・大包(だいほう)

です。

・屋翳(おくえい)

屋翳の場所は、乳首の5cmくらい上の位置にあります。

この部分を指2、3本を使って2分程度押すと、脇汗が止まると言われています。

また、脇汗とは関係ないですが、バストアップに効果があるツボでもあるそうですよ。

・大包(だいほう)

大包は、脇の真ん中から下あたりにあります。

腕を組むような感じで両腕を交差させて、そのまま指で脇の下を押すと効果があります。

また、脇汗ではないですが、全身の汗を止める効果があるとされているツボもあります。

それは、

・陰げき(いんげき)

・後谿(こけい)

・合谷(ごうこく)

です。

・後谿(こけい)

後谿は、手のひらを上にして握り、グーの形を作った時に飛び出る小指の付け根あたりにあります。

ここを親指の腹やペンなどで、何回か強く押します。

・陰げき(いんげき)

陰げきは、手の平よりやや下側の手首部分にあるツボです。

手のひらを上側にし、小指側の手首の付け根からひじの方向におよそ1.5cmの場所になります。

このツボは、体中の汗腺と繋がっているため、押すことで体中の汗を止める効果があるとされています。

・合谷(ごうこく)

合谷は、万能のツボでいろんな効果があります。

人差し指と親指の骨が合流するところから、

やや人差し指よりのところにくぼみがありますが、そこが合谷です。

ツボ押しは劇的に効果があるものではないのですが、意識して押すようにすると効果が期待できるでしょう。

脇汗を止める方法 道具を使わない方法

ここからは特に道具を使わない方法を紹介します。

リンパを冷やす

リンパは体中にありますが、冷やすことで汗を止めることができます。

リンパは、「首」「手首」「太もものつけね」「脇の下」に通っているので、ここに冷たいものを当てて冷やすことで体の汗を止める効果が期待できます。

冷やす場合は、部位別に近くのリンパを冷やすといいでしょう。

脇汗を止めたい場合は、「首の下」「脇の下」の付近を冷やすといいでしょう。

脇にはリンパがたくさん通っているので、ここを冷やすと熱を放出できるので汗が止まります。

リンパを冷やすには、

・冷えたペットボトル

・冷えピタ

・携帯用の扇風機

・氷を袋に入れたもの

などを使うといいでしょう。

ただ、リンパを冷やす効果は即効性がありますが、一時的なものです。

一度冷やすとずっと脇汗が止まるわけではないので注意しましょう。

自律神経を整える&痩せる

これは、脇汗が出る原因そのものを根本的に解決しましょうという方法です。

かなり時間がかかりますが、体質そのものを変えてしまえば脇汗で悩むことはなくなります。

まず脇汗をかきやすいのは、太っている人や自律神経が乱れている人です。

そのため、太っているのなら痩せるのが一番です。

脂肪が多いと体内の熱を外に逃がせないので、その分体温調整のため熱を下げようと汗をかきます。

(ただ、痩せるのはそう簡単にできるものではないですが・・・)

また、「睡眠不足」「運動不足」「ストレス」などで自律神経が乱れていると汗をかきやすくなります。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がありますが、交感神経が活発に動いていると汗をかきやすくなってしまいます。

不規則な生活をしていると交感神経の動きを高めてしまいます。

そのため、睡眠はしっかり取り、有酸素運動を取り入れるなどしてみましょう。

仕事中の過度のストレスもよくないので、できるだけリラックスするといいでしょう。

すぐ痩せるのは難しいですが、自律神経が乱れているのなら、脇汗だけでなく美容にもいいので、試してみる価値はあると思います。

どうしても脇汗が止まらない場合

ここまで脇汗を止める方法を紹介しましたが、もう何をやっても脇汗が止まらないという場合は、クリニックなどで手術を受けるしかありません。

クリニックでは「ワキガ」「脇汗」を治す手術が受けられますので、脇汗に悩んでいるのなら検討してみましょう。

ただし、クリニックでの手術となると、かなり高額です。

ただ、無料のカウンセリングを行っている場所もあるので、まずは来院して話を聞いてみてください。

まとめ

ここまで、脇汗を止める方法について紹介しました。

・ベビーパウダーを使う

市販のものを使う方法としては、

・ 汗止め帯を使う

・デオドラントクリームを使う

があります。

また、脇汗を止めるためのツボ、体全体の汗を止めるツボもあるので、ツボ押しをしてみるといいでしょう。

道具などを使わない方法としては、

・リンパを冷やす方法

・自律神経を整える&痩せる方法

があります。

どうしても脇汗が止まらないのなら、クリニックなどでの手術をするという方法もあります。

脇汗に困っているのなら、ここまで紹介した方法をいくつか試してみるといいでしょう。