この夏おすすめの脇汗対策方法!

脇汗が酷いと洋服にシミができますし、ニオイの原因にもなりますので周りの反応も気になります。

基本的な対策としては、汗をかいた時にこまめに拭き取ることと、
毎日のお風呂でしっかりと洗うことが大切です。

外出先などでなかなか汗が止まらない時には、
冷やすと皮膚の温度が下がって止まりやすくなりますので試してみましょう。


これらのことを基本にしつつ、プラスアルファとして取り入れたいおすすめの対策は、既に多くの人が実践している制汗剤です。

清涼感のあるタイプを使うと皮膚の温度を下げることで汗の量を調節しやすくなります。

また、肌をサラサラに保つような成分が入っていると、
いつでも快適な状態を保つことができて気分良く過ごせます。

スプレーやクリームなど色々な種類が売られていますが、
効果が高くて長時間もつのはクリームです。

朝つければ夜までもつタイプもあり、1日中効果が持続すればつけ直す必要もありません。


汗脇パッドをつけるのもおすすめです。

制汗剤では防ぎきれない汗を吸い取ってくれますし、
防菌や防臭加工が施されているものが多いので、ニオイ対策にもなります。

最近では様々な種類が出ていますので、取り入れやすいものを探すことが重要です。

よくあるのは皮膚に直接貼りつけるタイプであり、
使ったものは捨てるだけで良いので便利ですが、
皮膚の弱い人は毎日使うことで荒れてしまうこともあります。

洋服に取り付けるパッドにしたり、あらかじめインナーに取り付けられているものを利用すると、肌に負担をかけずに汗のケアができて安心です。


インナーをサラサラタイプにするのも効果的です。

汗を素早く吸着して乾かしてくれるインナーは着心地が良いですし、蒸れません。

サラサラタイプのインナーの中でも特に試したいのは、
抗菌・制菌作用を持つタイプです。

発汗してから放置するのが問題ですので、素早く吸い取ることができれば悩みは解消されます。

着るだけで脇汗を目立たなくできる優れ物であり、既に多くのメーカーから販売されています。


一時的な対処法としては、シートで拭き取るのもおすすめです。

シートで拭き取る方法は、すぐにまた脇汗が出てしまうのではないかと不安になる人が多いのですが、
シートに制汗作用を持つ成分が配合されており、ある程度は抑えてくれます。

拭き取った部分はヒンヤリとしてリフレッシュ作用もありますので、時間の無い時に試したい方法です。

シートを購入する時には、配合されている成分を比較してリフレッシュ効果の高いものを選びましょう。

一つだけ気をつけたいのは、パウダー入りの物を使うと皮膚が粉っぽくなってしまうことです。

脇を露出するような衣服を着ている時には、粉っぽくなった部分が目立ってしまいます。


実は体の内側から整えることでも脇汗を抑えることが可能です。

すぐにでも実践できるのは、刺激物を避けて優しい食事にすることであり、香辛料は避けた方が無難です。

辛いものを食べた時に汗をかくのは誰もが経験していることですが、脇汗にも同じことが言えます。

普段から刺激物を好んで食しているような人は発汗しやすくなっているために、
より対策が必要な状態になっている可能性があります。


自律神経を整えることでも脇汗をコントロールできますので、規則正しい生活を心がけましょう。

発汗には機能性のものと精神性のものとがあり、精神的な部分が絡んでいる場合には自律神経の乱れが関係しています。

交感神経が活発に作用することで発汗しやすい状態が作られますので、
副交感神経が優位になるような生活を心がけなければなりません。

具体的には、きちんと睡眠を取って食事バランスを整えることが重要です。
また、ストレスも交感神経を優位にする要因になります。